4名の新名取

先日、名取式を行いまして新しい名取が4名増えました。

一門の名取は合計15名となり、ご覧のように稽古場に看板を並べています。

 

繁昌亭開場10周年 お練り

「天満天神繁昌亭」、開場から10周年を迎え、落語家さんたちによる「お練り」が行われましたので、阿波おどりの三味線で参加させて頂きました。

スタートは天神橋筋六丁目にある大阪くらしの今昔館前。桂文枝師匠や大阪市長のご挨拶があり、そこからJR天満駅、天満天神繁昌亭へと移動していく間、私は皆さんの荷物を着替え場所である和奏伎の事務所へ搬送。

最後の出演場所、天満天神繁昌亭で合流し阿波踊りの披露しました。

桂米團治師匠が鳴り物をされてましたよ

dsc_1989

参加の記念に紅白饅頭と落語根多鑑、クリアファイルを頂きました。

dsc_1994

チャリティイベント 和の宴

生まれて初めて主催したチャリティイベント「和奏伎チャリティ和の宴」が滞り無く終了しました。熊本の被災地を応援するライブで、私の歌(民謡)と桂文五郎さんの落語と大升陽一郎さんの獅子舞・南京玉すだれも楽しんで頂きました。

ご来場いただきました皆さま、出演者やスタッフの皆さんに心から御礼申し上げます。

収益はすべて義援金として熊本県大阪事務所へ寄付します。

 

 

 

事始め 名取式

今日は12月13日なので一門が一同に会して事始めのご挨拶をしました。

同時に新しい名取さんと盃を取り交わす、厳粛な名取式もとり行いました。

DSC_1313

image

私の一門からも7名の新名取がお盃を頂きました。

DSC_1314

 

場所は高槻の山奥、摂津峡にある、師匠のお店です。

いい天気でよかった

 

 

 

 

ご来場御礼和奏伎 演奏会

昨日、クレオ大阪東に於いて、邦楽の会 和奏伎 演奏会を開催しました。ご来場いただきました皆さま、誠にありがとうございました。おかげさまで330名を超えるお客様に来て頂き、成功裏に閉幕することができました。

今回は藤本流本部より講師の、藤本秀統先生に来て頂き、一緒に演奏させて頂くことで、会員一同たいへん勉強になったと思います。

演奏前の舞台が暗い写真

藤本秀統先生に出演していただくのは合奏と会主の唄伴奏だけだというルールがありまして、1曲でも多く出て頂く為に、合奏は増やせないので致し方なく私が4曲も歌うことになりました。

秀摂浩の唄

アンケートに「講師が歌いすぎ」と書かれてしまいましたが、そうゆう経緯ですのでご容赦くださいませ。

今回は会員の皆さんが私に頼ることなく段取りをしてくれたおかげで、今回は演奏に集中できましたし、娘はお箏の演奏で、息子は裏方の手伝いで参加してくれましたので、家族の協力もありがたかったです。

三味線を演奏している写真

実は今回が10回めの演奏会ということでしたが、節目だからといって大きなことをするのではなく、努力を重ねて毎年前回以上の内容にしていきたいという考えですので、あえて「第○回」という表記はしておりません。

土曜日の昼になったら吉本新喜劇をテレビでやってるのと同じ感覚で、来年も同じ時期の同じ場所で和奏伎演奏会を開催する予定です。どうぞ末永くご支援くださいますよう、よろしくお願いします。